TiA76の日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉首相、靖国神社参拝<T.P.U.ニュース>

<<   作成日時 : 2006/08/15 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日8月15日午前7時45分ごろ、現職の総理としては1985年中曽根首相以来21年ぶりに、終戦記念日に靖国神社を参拝しました。

国内外で賛否両論ある中、2001年自民党総裁選の公約であった8月15日の靖国参拝を行いました。これまでは、中国・韓国をはじめとするアジア諸国に配慮して終戦記念日だけは避けてきた小泉首相。今年は年の初め頃から8月15日に参拝するだろうといわれていたので、予想外という展開ではありません。

今回、首相が8月15日の靖国参拝に踏み切った理由として考えられるのは、

(1)「総裁選以来の公約であり、悲願でもあるだろう」ということ

(2)「自民党総裁(総理大臣)任期が9月に満了し、退陣が決まっているので、総理として参拝する機会としては今回が最後であるであろう」ということ

があげられます。


参拝をすれば、中国・韓国は批判をするのは予想がつきます。
その中で自らの政治信念を貫きました。

このことが今後の日中・日韓関係に全く影響しないとはいえませんが、各メディアは影響は限定的だとの見方をしているようです。
これは小泉首相が9月に退陣が決まっていて、ポスト小泉の対応に期待するという反応を各国がしていることに起因するようです。


首相がいわゆる「東京裁判」でA級戦犯とされた14名を合祀している靖国神社に参拝していいのか?その行為は先の戦争を正当化しているのではないか?との意見がありますが、このことは現在議論されている最中であり、現段階ではどちらが正しいとはいえません。

これはこれからも議論されていくと思います。

小泉首相の功績の1つは、いままで政治や靖国のことをまったく知らないもしくは興味を持っていなかった国民もこの問題に興味をもち、考えるようになったことだと思います。

今こそ、この問題を深く考える機会だと思います。(298)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小泉首相、靖国神社参拝<T.P.U.ニュース> TiA76の日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる